探偵K

  • 探偵頼もうか!浮気調査必要か!とよぎったらきっと役に立つブログです。 探偵歴15年、浮気、不倫相談、調査の場数は豊富! 根っからの職人探偵が探偵選びから浮気調査の依頼の仕方まで、たまに毒舌はいて斬っていきます。 通称、千葉の探偵さん、探偵KはMKリサーチ調査事務所の代表です!
無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016/11/29

不倫の慰謝料請求したら相手が弁護士たててきた

不倫の証拠をとって不倫相手にご自身で慰謝料請求したら相手が弁護士たててきた

そんな事例は探偵さんのところでもわりとあります。

弁護士をつけるつけないは、浮気相手の自由ですから、別に違法行為でもありません。

また弁護士の先生のなかにはこういうアドバイスをされる先生もいます。

「不倫を立証できる確たる証拠があれば、費用対効果からご自身での請求もありです。

それは依頼人が想像している慰謝料額までとれないからです。

探偵費用と弁護士費用で赤字になるかもしれません。」

つまり、そんな相手から、そんなお金はとれませんよ!っていうことです。

それはある意味、探偵さんも同感ですが、とれそうもない不倫相手ばかりですよね(苦笑)

だから、不倫相手に会ってきて請求する。

自分で内容証明を送付して請求する。

代表的にはこんな感じで、「証拠はある。不倫の代償として慰謝料払え!」と

行動起こす方が多いものです。

とにかく相手に慰謝料請求するってことは、こちらから宣戦布告したようなものです。

相手がどんな反応しようとも、貫かねば、なめられますからご注意ください。

請求したまま、停まっている方、

請求して相手から返事一回あって、停止したままの方も少なくありません。


こっちが相手に慰謝料請求したとします。

もちろん、即答は無理でしょう。10日か14日かいろいろですが、期限を通達してます。

そしてその期限内に期待する返事がくるのかと思いきや、

なんとやってきたのは、弁護士事務所からの書面でした(汗)

行政書士事務所からも多いものです。費用対効果からなのです。

そうです、あっちが悪いのに、なんで弁護士たてて反論してくるのか!?

書面を見ると、不倫相手の代理人になったこと。

そして今後の連絡は弁護士事務所まで。こちらを通してくれ!と。

さらに、(不倫相手である)**氏には今後接触や連絡しないでくれ!と

なんか嫌な感じ、上から目線じゃないですか。

そんな通達に、後ずさりされる方もけっこうおられます。


さて、どうしましょう。まさか弁護士をたててくるとは、、、。

いやいや、なんらびびることはありません。

ただ、きちんとした不貞行為があったと推測される証拠(事実)があるという設定です。

この場合のケースですが、ここからこっちも弁護士をたてた方も多いものです。

あっちとしては、弁護士たてて、こっちを黙らしたいわけです。

不貞はない!だから慰謝料払う義務はないと。

伝家のすっとぼけです。不倫相手は見事に弁護士も騙しております。

もちろん、弁護士も「(不倫相手の)**氏は、不倫していたんだろう」と

確信していながら代理人になる先生も(苦笑)います。

つまりクライアントの利益を地でいってます。仕方ありません、この社会。

だから弁護士も言いますし、探偵さんも言います。

相手が弁護士たててきて、揚げ足をとられないように、不貞の証拠があるという

確たる、ぐうの手も出ない証拠は必要なのです。

であれば、相手が弁護士たててきてもぜんぜん怖くはありません。

行政書士からの通達なんて、それっきりですから、心配にもっと及ばない。

相手が相当な減額請求してきても、和解するのは待った!です。


とにかく、世の不倫相手の女には相当にしぶといのがいるものです。

150万円の請求に、相手がたてた弁護士からの支払い言い値は「20万円!」

いやいや、ひどすぎです。

20、30万円なら払うの反論、よく聞きます。

まして、こっちをなめているのか、値引いてきたうえに分割支払い。

車のローンじゃあるまいし、月々1~2万円だと言ってきた。

それも費用対効果でしょう、行政書士事務所から。

こんな相手と何年繋がっていなければならないのかと、妻のストレスは爆発。

弁護士に依頼して、あらためて通達したら、言い値100%、一括支払いで決着。

「なんだい、持っている(お金)じゃないっですか!?」と突っ込みたくなってくる。

しかし、求償権がらみの話になりますが、浮気夫が支払っているケースもありますけど、

そこは目をつぶることも必要でしょう。裏でやられたらどうにもならんことですから。

ほんと、やり方次第、相手次第でよくもまあ変わるものです。


また、夫の浮気相手が弁護士たててきて、妻じゃなく、夫に電話してきた先生もいます。

主旨は、「あなた(夫)にも非があるのだから、減額に応じるよう(つまりあっちの言い値)

奥さん説得してくれ、黙らしなさい!」みたいな。

電話とって普通に会話した浮気夫も夫ですが、「弁護士の**です」に

意外とビビッてしまうお方も多いから仕方ないでしょうか。

何も答える、話す義務もないんですがね実際。


まとめます。

まさか不倫相手が弁護士つけてくるとは思っていなかった。

相手からの返事は、法律事務所からの通達、、、。

きちんとした不倫の証拠があるのであれば、なんらものおじすることはありません。

100点を目的にするのは無理がありますし、ある程度の線での妥協は必要ですが、

納得いく解決を目指してください。

けど、ぶっちゃけますが、弁護士入らず、当人同士で示談できれば一番良いし、

希望条件に近い線で決まる率も高いのですが、

確信犯なくくせして、防波堤をたててくる輩もいますので心してください。

とにかく他人である浮気相手にお金をとる(慰謝料請求する)ってことは、

ちゃんとした不倫の証拠があってでの話です。

あとは、かまかけて何とか言いくるめます!はNGですよ。

安易に捉えない、この程度でもいいと軽んじないようにです。

*提供はMKリサーチ調査事務所|千葉

2016/11/27

セックス拒否どころか接触拒否する浮気妻たち

夫の浮気の兆候も様々ですが、妻の浮気の兆候には体に関することは多いものです。

外見が若作りになったとか、やらたらとプロポーションを気にして

全身が映る鏡見てやせた感をチェックしている妻は多いものです。

これは夫の浮氣でも多い兆候でありますが、若く見せようと努力は怠りません。

時には、「あの女性、ほんと奥さんか?」というくらい浮気妻に化けられることあります。

ご主人から借りた写真、転送された顔画像と違う。10歳は若かったりして。




「自宅から花火が見えたんです。その花火を見ながら、

妻の肩にそっと触れてみたら、、、」

とある依頼人のご主人の話ですが、

「妻はびくっと、身震いして私からよけました」と。

これは正真正銘の接触拒否です。

ご主人はこう思ったという。

「触れたくないほど、そんなに俺のこと嫌なんだ。わかったよ。

こんなんで夫婦でいる意味ないんじゃないの!?」って

さすがに妻に言わなかったものの、そう感じたという。

またその時期、妻の浮気を疑っていました。

この妻の「私の体に触れないで!」行動が、離婚でいいと決心した決定打だっという。

この依頼人のご主人はその後、探偵さんのところに依頼してきて、

妻の不倫の証拠収集と不倫相手の確定を依頼してきましたが、

証拠がとれた段階で、家を出ていき、離婚調停を起こすそうでした、

結局、不貞の証拠はとれ、不倫相手の男に対しても慰謝料請求をしたようでした。

不倫相手も家族がいましたが、その後、その一軒家を探偵さんのところ近所なので

通るんですが、誰も住んでいない様子で、こっちの家族も壊れたのかな、、、

そんな想像すらした次第です。

このように、妻の体に触れたときに妻がみせた接触拒否反応は

男である夫にとっては、けっこうきつい反応ではないでしょうか。


さらにいろいろな浮気妻はいるものです。

言葉で拒否しちゃう妻は探偵さんのところでもいました。

「外でしてくれば!」だと。

妻は仕事上で知り合った男と不倫していたのです。

こんな言葉を浴びせられた夫は、やっぱりおかしいと感じ、

自分で妻の行動を探ったんですが、ある日、仕事に行っているはずの妻の車を

見知らぬアパートの敷地内で見つけたのです。

あとで確認したら、妻が仕事上で世話になっている男の部屋があるアパートだった。

外でしてきて、かつ仕事と嘘ついて男の部屋にいた!?妻。

探偵さんは妻をぎゃふんと言わせるために依頼されたのです。




実際にこの妻も、結局、不倫行動の中身は、ラブホテルばかりでして、

それは前者の”身震い妻”も同様でした。

そしてさらに探偵も驚いたんですが、この二人の浮気妻の男、

ご主人よりぜんぜん年上。一人はじじいか!?って感じでした(汗)

ほんと何がよくて不倫しているんだろうと感じてなりませんでしたが、

血迷ってやっている本人しかわからないことなんでしょう。


妻のセックス拒否が必ずしも浮気の兆候とは言い切れませんが、

具体的に言葉で、「嫌だ」「気分がのらない」じゃなく、

「外でしてくれば」は、「あなたも外ですれば」って訳されるものです。

もちろん、浮気夫にもいましたから、「お前も外で見つければ!」と。


とにかくです、「つい最近、いや半年1年前まではそんなことなかったのに」

そういう感じであれば、他にもきっと何か浮気の兆候はあるはずです。

迷っているなら探偵さんにご相談ください。

離婚を回避したいのであれば、妻の浮気は、早期に手を打つべきなのです。

離婚したくない方は、男との関係を終わらせることが到達地点になります。

本日紹介した後者の「外でしてくれば!」妻のケースは、

妻にわからず、関係を終えさせましたし、慰謝料もごつくとりました。

もちろん離婚はしておりません。

というか、主導権はご主人ですから不安になることもありませんよ。

妻の不倫問題は探偵さんにご相談ください。

*提供はMKリサーチ調査事務所|千葉・茨城・東京

2016/11/19

結婚して上手くいってても浮気するのはなぜか

探偵の浮気調査のパターンの中で、夫(妻)が浮気しているとしましょう。

不倫相手は未婚か既婚かにまずは分かれます。

まれに夫の親密な相手は男性だったなんてのもありますが、いまだに一人くらいです。

他の探偵社さんでも一人二人あるのでは(汗)

相手が既婚であればおおかた夫や家族のいる家に住んでいますから、

外での密会(デート)となる場合が多いものです。

不倫相手が配偶者と別居しているとか、不倫部屋を借りていれば別ですが。

よくあるパターンですが、不倫相手が独身で一人住まい。

そんな場合、浮気行動が不倫相手の部屋での密会パターンなんてなる。

探偵さんのところでも、年間通すとそのケースが一番多い気がします。

となると、調査の流れは一目瞭然で、浮気夫がどこへ行くか。

つまり女のマンション、アパートはどこ!?ってことです。

そしてさらにどの部屋か!?

このような浮気調査の場合、不倫相手の住所と部屋をゲットすることが鍵。

探偵にとっては今さら言うべきことではありませんが、

探偵選びをされている方に対しての発信でもありますから言わせてくださいね。


とにかく独身、一人住まいの不倫相手の部屋を判明することが、この浮気調査の謎を

一挙に解決できるも同然で、調査の半分は進んだと感じるものです。

しかし実際は時間を要すのはここから先なんですが。

でも部屋がわかったことによる精神的安心(苦笑)はとてつもなく大きいのです。

案件によっては、その部屋がなかなかつかめないケースもあって、

単純に、浮気夫の行動が読みにくく、

なかなか捕まらないとか前半戦、苦労することもあるのです。


不倫の二人は、テンション高くお外で会ってデートする輩ばかりでありません。

地味に不倫相手の部屋で会っているばっかのもいます。

外で二人でいるのを誰かに見られたらまずいっていう頭もあるし、

仕事の都合上、夜遅くしか会えない2人とかもいます。

不倫相手の部屋で密会するのが、リスクのない不倫だと思っているのでしょう。

ほんとこそこそしています。

しかし、いくらそう思っていても、まさかの探偵つけられて、

部屋がわかってしまったら、あとの祭りです。

探偵にとっては依頼人様の打ち合わせのうえ、

またどこまでの証拠をつかむかによって、不倫相手の部屋への出入り、滞在の

回数を重ねるわけです。

あとは周辺をよくリサーチして、どうやって、どこから、どう証拠撮影するか!?

そこのセンスもまた必要です。

とにかく、追跡してまずは不倫相手の家がどこか、部屋は何号室か!?です。


結婚して上手くいってても浮気するのはなぜか!?

がテーマです。

夫婦関係がうまくいってても浮気する人はする と探偵さんはよく言ってます。

それと不倫に職業は関係なし!もです。

探偵は、新婚当時から浮気しているお方たちもよく見てきました。

ほんとなぜ結婚したの?って探偵さんでさえ言いたくなります。


また多いのは、休日は家族にべったり、まったく普通。けど平日浮気している。

なんで!?どうして?って叫びたくなる方は多いのでは。


これはシンプルな話です。

よく夫婦関係がぎくしゃくしていたから浮気に走ったということも耳にしますよね。

もちろん、探偵さんのサイトでも、それが浮気への引き金になったケースもあると

紹介はしております。

けど、世間で言うほど、そっちの部分が浮気の原因の比重が大きいというプロの

話しほど、そんな言うほど大多数でもないんです。

夫婦関係がどうこうというより、刺激が欲しいからやりたい!

家庭は守りながら、癒しも欲しいし、少しは自由に遊びたいから。

それが実際ではないか。

そしてもうひとつ、そういうことが嘘をついてまでできちゃう人ってことです。

嘘をついてできちゃう夫(妻)ってのがやはり痛い事実です。


そしてどうだろう、罪悪感の有り無しも議論されますが、

これも言うほどあるわけでもない。最初の段階ではあったとしても、

浮気という刺激がそれを打ち消してくれるものです。

刺激>罪悪感なわけですから。


「夫婦は普通なのにな、、、」って感じる夫婦関係であれば、

やっているほうは、離婚なんて考えてないのがほとんど。

またされているほうも気づかない場合もあるものですが、

ある日あることで、「!?」ってあやしまれたり、ばれるものですから

早かれ遅かれ浮気はばれるものです。


とくに既婚者の浮氣です。夫の浮氣にはとくに言えますが、

妻に満たされない部分だけを不倫相手に求めたい。

これって、体の癒しがほとんどです。刺激のあることでしょう。

もちろん、それにはただ会ってご飯、買い物、レジャーだけの場合だってあるけど。

上手くやっていればばれないだろうというその自信。

そして一度味わった刺激はまた欲しくなる。

不倫相手が、いい気分にさせてくれるとか、そんなに自分のことを思ってくれている!?

なんて感じ取ったら、おバカな行動は拍車がかかるでしょうね。


結婚して上手くいってても浮気するってことは、

嘘をつける、裏切れることができる人。

また繰り返すリスクは高いかもしれません。

どんな女性(男性)が現れても、浮気しない人はしないんです。

探偵さんはそっちのほうが問題だとつくづく感じてなりません。

*提供はMKリサーチ調査事務所|千葉

2016/11/14

教員(教師)の不倫って多いの?

先日、「学校の先生の不倫って多いの?」って聞かれたので

教職の不倫は探偵さんのところでも少なくありませんので

本日のテーマとしてとりあげます。
 
常々言ってきましたが、不倫に職業は関係ないし、

あらゆる職業の浮気現場を垣間見てきた探偵です。
 
警察官だってけっこうやりましたし、地方の議員さん、

ある市の助役クラスだっていた。
 
とにかく、浮気に職業も地位も関係ありませんということです。
 
じゃあ教師はどうなのか。あまりしてほしくない職ですよね。
 
ほんの一部のオイタする輩のことですので誤解なさらないようお願いします。

探偵さんのところでいえばです、先生の不倫ってけっこうあります。

で、その内容はというと、やはり先生同士がほとんど。
 
先生と父兄の浮気なんてのもあるのでしょうが、

探偵さんのところはまだありません。
 
経験不足でしょうか(苦笑)
 
ほとんどが、既婚の浮気夫先生と未婚の女先生の組み合わせ。
 
つまり教職の職場不倫ばっかな感がします。いやそんなのばかりでした。
 
そして浮気の内容とかいうと、これも至ってシンプル明朗です。

最初は警戒しているのでしょうし、当人たちは常に注意はしているのでしょうが、
 
わきが甘い感がしてなりません。
 
基本真面目なんでしょうか?パターン化したり、すぐにしっぽつかまれるような
 
行動なんで、探偵さんもあまり手こずったことはありません。それが印象です。
 
またやはり教師も、他の職業の浮気者たちと一緒で、
 
妻にばれた気づかれた程度では終わりません。
 
手を変え、また多少の潜伏期間を費やしても、
また始まっちゃうお方たちは多いもの。
 
最高は3回(2回再発した)も時期分けて追われた先生もいたくらいです
 
あ!探偵さんにですよ。これも先生同士。
 
また浮気が再発した先生どうしの事例でも紹介しております。
 
そして、校長先生だってする人はするんです。
 
重ねて言いますが、ほんのごく一部、まれな校長です。
ほとんどの場合ないですから

 誤解しないでくださいね。
 
これも、家庭を壊すつもりなく、ただ乗っかるだけの浮気。
 
相手は学校の先生でなく事務員だった女性。これもまた未婚でした。
 
いやいやなんていうか、ダブルじゃない部分、浮気夫にとってはリスク回避か。
 
よくw不倫のほうがお互い割り切ってあとくされないし

安全に浮気できるなんて言う輩もいますが、
 
浮気夫先生にとっては、相手が独り者の女だけに、

女の旦那にばれて面倒なことにならずにすむ、
 
そんなリスクはない。こっちが慎重にばれなければいいだけのこと。
 
そっちのほうが安全かと思っているのか。
 
まあそんなことまで思って浮気しているはずもないだろうが、
 
見事に女が未婚ばっかだと、
ずる賢い頭も回る浮気夫先生だからなくもないかなと
 
感じてなりません。 
             
で、最後にお決まりパターンがあるのですが、

相手が未婚女先生とくるわけです。
 
さすがに、基本真面目です。恋に恋してもいます。
 
ですから、癒しだけ満たされればいい(体の関係だけ)っていう
わけにもいきません。
 
けっこうの確率で、「妻と離婚するから」と上手い事言って
 
乗っかっている浮気夫先生が多いようです。
 
それは後々、女を問い詰めたら、「そう言ってましたけど」という
 
自白があったからわかったこと。

それを信じて綾瀬を続ける女先生もおバカなものですが、
 
やはり教師といえども、緩い人は緩いもので、

浮気に職業は、また真面目、不真面目も関係ないんだと
 
この仕事をやってきて結論づけている探偵さんです。

サイトで、教員同士の不倫事例を紹介しております。

優柔不断な浮気夫先生に独身の女先生。妻のとった行動とは。
 
(さて今週も始まり、今夜からも現場が入っています。
 
真実がまだはっきりしない案件もありますが、果たしてどうなることやら。)

提供はMKリサーチ調査事務所|千葉・東京・茨城

2016/11/10

浮気調査を依頼したが探偵から何も連絡がないのは?


「浮気調査を頼んだけど
探偵さんから何も連絡ありません」


そんなことを言われた他社にですが探偵依頼者はよくいるようです。



結論言いますと、依頼者様が「終了するまで別に連絡入りません」と相談員に

強く言っていたなら、探偵社もしてこないかもしれません。

つまり、途中経過とか浮気の証拠がとれたとか、不倫相手に会いました!など

そんなこと耳にしたら、つい態度に出てしまい、まだ追わなければならない夫(妻)に

気づかれるという不安があるからという理由の方が多いものです。

それか、途中経過を聞いても別に動じないけど、「すべて終わってからでけっこう」と

すぱっと、あっさりしている依頼人様もまれにいます。

ただ年々感じることは、クロの結果を聞いても、何のことはない方が増えてきている。

もちろん内心、はらわたが煮えくりかえっていたり、心が痛いはずですが、

お金のかかかっていることです。

やはり逐次、知りたい聞きたい方のほうが多いものです。

では、知りたい傾向のほうが絶対多いはずなのに、

何で何も探偵から連絡がないのでしょうか。

ちなみに、ちゃんとしているところ、意思の疎通がしっかりしているところは、

事前調査があったなら、その際もですし、面談から連絡とってなくても

調査開始前のタイミングで、「では予定通り開始します」的な連絡はあるものです。

それもない。調査が何日か経過してもない、、、

おかしなことですか?

いや全然おかしなことなんです(苦笑)

でもこの業界で、このようなエピソードは珍しくないことでもあります。

これって一部の大手探偵社、一部のいい加減な悪徳探偵社に他なりません。

もう一度言いますが、依頼人がすべて終わるまで

連絡はけっこうって意思表示したなら別。

一般的には連絡するはずなんです。

しない理由、できない理由はあって、やはり現場を下請けへ、

さらにまたその下請けへと依頼人の現場がいっちゃっている。

もちろん確認すれば状況を知ることはできようが、

営業探偵社からすれば、面談して契約し、振り込まれたら終わったも同然。

あとは下請け孫請けがやってくれるから、任せっきり。

どの程度現場にタッチ、把握しているかは、探偵社ごと違うでしょうが、

営業探偵社からすれば、結果待ちっていうことです。

何をおっしゃる、結果待ちは、依頼したお客様なのに。

契約とった探偵社もなぜか同じ立ち位置ときた(汗)

極端な表現しましたが、かなり近い営業スタイルなところもありますよ。

とにかく「振り込め」と。「明日振り込める?」とか。

お金の話がけっこう多いってよく聞くのも本当のことです。


この探偵業界にいまして、自分の事務所で責任もって現場業務まで

行っているところなら、まず「浮気調査を依頼したけど、探偵から何も連絡が

きません」なんてことまず聞きません。

あるとすれば、相当な確信犯か、大ボケです。ないでしょう普通。

やはりそうじゃない探偵社に契約してしまったのです。

まあ今は逃げる(消える)探偵社もあまりいませんでしょうから。

そしてよく聞く話としては、進捗状況の質問をしても「現場から上がってきていない」

それが常套文句で、ひどいのだと、担当者に連絡がつかないことがある。

他の人が出て、折り返しを待つ始末。

他の人じゃあ、わからない(汗)

そんなに何十件も抱えているわけないのに、すっとぼけもいいとこです。

ですから探偵社を選ぶ場合、不安を感じたら、契約の際に、

逐次連絡はとれるのか確認されたほうがよいです。

*提供はMKリサーチ調査事務所|千葉・東京・茨城

2016/11/08

違う女とまた浮気している懲りない夫

浮気する夫は、またやらかす確率ってけっこう高いものです。

これには探偵さんから言わせれば、大ざっぱに言って二つに原因があるのですが、

一つは、きちんと対処すれば浮気は終わったはずで高い確率で水面下もない。、

またその後ももう大丈夫だろうっていう夫だったはずと思える。

ちゃんとです、ちゃんと対処しなかったことが原因。中途半端だった。

もう一つは、ちゃんとやってもやらなくても、なぜかまたやらかしてしまう夫、

開き直っているのもいれば、罪悪感感じないのもいるし、はっきり言って病気なのもいる。

これは非常に高い確率でまた浮気するものです。

「うちの夫はいくら対処しても無駄よ、またするから」とさじを投げている妻、

もう諦めている妻もおいででしょうが、ちゃんと対処すればそうでないのもいますし、

浮気がぶっ壊れた後の、向き合い方も大切なので、諦めないでほしいものです。


しかし、探偵さんが見ても、「ダメだこりゃ!」っていう浮気夫たち。

やっこさんたちは懲りません。またやるものです。

以前、浮気相手を家に入れて浮気する夫(妻)の事例を紹介しましたが、

よかったら、参照してください

➡ 浮気相手を家に入れて不貞に及んだ夫(妻)

この中の、女を新築の一軒家に招き入れてコンドームが見つかった夫。

それも使用した後の生々しいゴムです。それも二つ。

その時の不倫ではなく、また違う女との不倫に探偵らは調査依頼されました。

さすがにその後新築の家を出て行った浮気夫。

実家に住むと言っていたのですが、それはどうも本当だ。

どっか借りて住む費用はないだろうし、夜中見にいくと、敷地内に浮気夫の車は

駐車されている。

まあよくそんな時間に探りに行ったものですが、動向チェックには余念がない妻。

実は、どうしても浮気の証拠が欲しかったわけです。

というのは、今度は同じ職場の若い女と不倫していると、妻は確信していたわけです。

この浮気夫は30歳強。女ですか?女はなんと19歳だった。

「うちの旦那、実はロリコンなんです」と妻は言ってましたが、

だから「何で私と結婚したんだろう」って不思議だったらしい。

珍しくない年代差なんでしょうが、やはり様々な不倫カップルのなか、

子持ち30強夫と19未婚女では、違った意味で、やばい感じでしょう。違和感あります。


調査依頼前の何ヶ月、夫の浮気のせいであまりにも夫婦間がぎくしゃくしてしまい、

それでもまたあやしいものだから、問い詰めたり突っついたりしたら、

切れて「じゃあ実家に帰る!」となった流れ。

浮気夫の頭のなかは、実家にいれば浮気もしやすいって踏んだのです。

もう自由にマイペースに浮気していたい そんな浮気夫ばかりですが。


しかしこの二人、職場が一緒で女が10代なわけですから、

アクティブな行動ばっか。

序元ではラブホ三昧だわ、仕事終わって高速飛ばし富士河口湖に飛んでいくわ。

そうです、富士急ハイランド大好きなお方たちの一組だったのです。

さて、こんな二人の愚行はここまでにしておきますし、想像もつくでしょうが、

探偵さんが言いたいこと、

歳は関係ないのですが、まったく罪悪感っていうものが微塵もない女。

妻がいようと子供さんがいようとまったく関係ない態度。

むしろ妻を挑発していたくらいの輩でした。

それにロリコン入って、浮気がやまらない病気状態の夫です。

最悪の組みあわせの一つといえましょう。

最悪の俺、あたし です。

普通に言えばです、「若いって元気でいいですよね~」なんですが、

若いってことで、常識も世間体もまったく知らない、わかってないことが

なんだか逆に女を強気にさせる原因になったりして、、、「不倫がなによ!」って。


だが、妻が黙っているわけがない。

もうこんな浮気夫とは離婚を覚悟して、

もちろん、離婚するなら、夫、女からの慰謝料もですし、小さなお子さんがいる

その養育費の条件だって納得いかねば、はいそうでっかと離婚もできません。

とうの浮気夫なんて、はっきりしないまま、邪魔されず自由に浮気していたいから

実家に帰っているだけ。

こりゃだめだ!って探偵さんが感じてならないのってけっこういますが、

やはりこんな浮気夫もダメだこりゃの部類であるといえます。


耳の痛いこと言いますが、絶対に妻もお子さんも幸せになれない。

苦労ばっか強いられる生活はずっと続きます。

こんな浮気夫がいるよりいないほうがどれだけ楽か、気が安らぐか、、、

そこです。

現実、経済的なこともあるでしょうが、

あんな浮気夫がいない生活、もし別居していたなら、

「夫の浮気のことなんて考えなくていい生活をする」

何としても浮気をやめない夫に対しては、

選択は一つとなるのかなと思えてなりません。

と同時に、勇気を出してその殻を破って、夫いらないわと決断され

実際に結果も浮気夫を捨てた(苦笑)方の気持ちをお聞きすると、

後悔している言葉ではなく、

「よかったです」という言葉、返ってくることは言っておきます。

*提供はMKリサーチ調査事務所|千葉・東京・茨城

2016/11/05

教職の浮気って職場不倫ばっか

浮気に職は関係ありません。

これからお医者さん、また公務員なども追っていきますが、
それは学校の先生も同じです。

以前、教職の不倫って多いの!って記事をアップしましたが、
本日、またまた学校の先生にスポットを当てます。

しかし、教職の浮氣って、相手が他の職の人、まさかの父兄?と
想像される方も多いでしょうが、いやいやとんでもない
探偵さんが請け負った事例はほぼ同じ職場内、学校内っていうことで、
二人ともクラスを持っていれば、ダブルでネジがはずれた担任先生。
そういうことです。

で、その浮気の仕方、考え方もなんか真面目なところがあるもので、
もちろん浮気する先生に、真面目もくそもないんですが、
学校の勉強と同じにはいかないようです。

とある浮気夫先生がいました。
妻は自宅の書斎で一枚の紙を発見した。
その紙を見ると、夫が手書きで、妻と女先生の名前を書き、

その下に二人の長所、短所が羅列。ずら~っと書き綴られていたのです。
妻はびっくり。そして大ショックだったとか。

どう評価しても、郡司さんの採点は女が勝ち。高得点だったそう。
それからも浮気夫のスマホをこっそり見ていたわけですが、

浮気夫は職場帰りに女の部屋に頻繁に寄っていたようです。
あ!教職の不倫。女先生は独身が多いと言いました。
ですからやはり一人暮らしが多いもので、学校帰りに立ち寄って浮気する

そんなパターンばかりです。
今思い出すと、他の職の不倫よりはラブホで見っけ!は少ないです。

ラブホより車中での密会のほうが多いものです。
それもこんな明るい場所でいいの!?ってところです。
つまり真っ暗なレベルが違うっていうことか。もちろん普通に暗いんですが、
我々から見るとつわものばかり張り込みますから、どうしても緩い場所だと。

でも二人の担任がラブホから出てくる光景は想像できませんよね。
だから不倫現場が女先生の部屋だから、かなりばれる確率も高く、
けっこうな確率で、妻に見つかっている、そんな二人も多いものです。

で、さっきの妻と女、二人のことを書いて比べていた先生ですが、
どっちをとるか本気で悩んでいた様子だった。

ときには学校休み、一人で遠くに行って思いにふけっていたという。
ここまで真剣に悩むとは、ある意味呆れるというか、
やることあるでしょうよって言いたいのだが、
もう頭の中はそっちでいっぱいなんだろう。
不倫の恋に病んでいる先生ってなんか気持ちイメージが、、、汗

で、ついに妻は切れて問い詰めたものなら、
そんなこと言うなら、離婚でいいって言ったり、
また少したつと落ちついて、「俺が悪かった、彼女とは話しする」だとか
終わりにする感を漂わせたり、
また耐えきれなくなった妻が、女先生に会いに行って釘さしてきたら
「そんなことしたおまえとはもう無理」だと騒いでみたりと、
ほんと優柔不断な先生でしたが、その他多数の教職の方も
ほんとそんなのが多いようです。

そういえば、妻が女のところに乗り込んだら、
女先生、完敗。すべて白状してごめんなさい。すみません。
で、夫は夫でかなり動揺したんでしょう、道端で他人の車のかまほった。
車を廃車にした浮気夫でした。

完全に終わったかは疑わしいが、職場不倫の綾瀬に終止符を打たせた
そんな案件もありました。

とにかくです、先生と生徒の母(父)なんてのがドラマになりそうですが、
意外と言うほどないもので(少ない)、
多分ですが、日本全国見渡しても、

同じ職場(元職場一緒)どうしの教職の不倫ばかりなんです。
出会うきっかけも一番容易いし、そうそうアクティブに行動もできんでしょう。
過去に不倫先生は何人も登場しましたが、

40歳で未婚女先生も、やはりムラムラするわけです。
もちろんやらかさない先生ばかりですが、人間もいろいろですから、

1~2度ばれても下半身のセーブが効かないとくる。
ほんと浮気夫と一緒でダブルでおかしな世界にいくのが多いから
ストレスが多い分だけ、ぱり~んってはち切れるわけです。

探偵からすれば、非常にわきが甘いぞ!って印象で
すぐにしっぽつかめるのが多いのですが、
学校の先生の不倫退治も今後なくならないでしょう。
春休みが一番多かったか。

でも個人的見解ですが、一番追いたくない方々でもあります。
*提供はMKリサーチ調査事務所|千葉

2016/11/03

浮気を立証する証拠ってどこまで必要か

夫(妻)に浮気を認めさせたい、「参りました!」と観念させたい、

夫(妻)ともう協議したって堂々巡りはわかりきっている、

法的にきちんと進めて浮気夫(妻)に対処していくしかない・・・

有利な条件で離婚をしたいための浮気の証拠はぜったい必要と

願っている方も多いことと思います。

夫(妻)の不倫が原因で離婚を決断した場合の浮気の証拠は

どこまで必要なのか、どの程度の証拠があれば良いのか

弁護士の先生の意見も交えながら探偵さんの経験論から斬りたいと思います。


まず見解を整理しておきます。

探偵さんも浮気の証拠とか不倫の証拠って言っていますが、

要するに不貞の行為があると立証できる証拠をさします。

浮気ではこの不貞の行為があったのかどうか・・・が最大の争点です。

裁判所の判断では不貞行為があったとまでは認めないと判決が下る場合も

ありますので証拠の中味は重要です。

交渉、示談がさく裂し裁判に持ち込まれた場合、不貞行為の有無の論争は

激しさを増すことでしょう。

相手ががんとして不貞を認めないケースはよくあるからです。

探偵に浮気調査を依頼されるほとんどの方は、この不貞行為を立証できる証拠を

欲しいものと思いますが、いったいどこまでとれば良いのか

わからない方が多いようです

弁護士の先生の意見も交えながら、探偵さんによくされる質問を

具体的な例で解説します。


●ラブホテルに入った証拠って回数があった方がいいのか?

相手が一般的な人、それほど離婚条件に

大きな期待はできる人ではないのであれば1回で十分です。

弁護士の先生は声をそろえて言います。

裁判所は1回のラブホテルの証拠で不貞行為を認めます。

しかし浮気調査の相談者によく聞かれるのですが、

1回より2回あった方がいいんでしょ?

要するに回数の問題ですよね・・・

弁護士の先生の意見も交えてのぶっちゃけ見解なのですが、

結局、これからどうしたいかにもよります。

浮気問題がみな裁判まで進展するわけではありません。ごく一部でしょう。

また夫婦を続けたい方だって多いはずです。

1回のラブホテルが2回、3回と回数を重ねたところで、

依頼人の目的達成にどれだけ影響するか。そこです。

1回でも不貞の行為は立証されるわけです。その一回とプラスアルファ―の

証拠でもよいのか。要検討です。

さらにもう1回、2回のラブホテル行きを願って浮気調査を続けて探偵費用を

かけ続けることにどれだけの効用があるか?

たとえ2回目がなくても、食事していたとか会っていたとか

その+アルファーの証拠で良いかもしれません。手を繋ぐ、いちゃいちゃしているとか。

ラブホの回数を捉えるならば、確かに継続的な不貞行為の立証にもなりますので

証拠能力は格段の高いものになるはずですが。


しかしです、これだけ堂々と解説していて「一回では厳しいかも。除外は・・・」の

ケースを言うのは迷わせてしまうかもしれませんが、

あなたに対して係争相手の浮気夫(妻)、浮気相手が弁護士を代理人に

たててきた場合、

弁護士どうしのやりとりで協議が進められ手打ち、和解策を練っていく中、

「ラブホテルの回数が1回より2回、3回と材料が豊富にあった方が、有利な条件を

勝ち取れることに間違いなく効果を発揮します」

弁護士まで相手がたてることはまず考えられないか・・・どうか要検討です。

また、相手が資産家や余裕があるケースで、

どんな手を使ってでもとことん半端じゃなく

反撃してくるという姿勢であると予測するならば、

ラブホテルも複数回とって、他の材料もある程度そろえて

いかに悪質な浮気かぎゃふんと言わせること。材料は多い方が絶対に良いのです。

それと夫(妻)と離婚を決断されている方。

他にどの程度の浮気の材料があるか、相手の出方次第もありますが、

不貞の証拠は3回はとっておいた方が賢明だと思います。

「ラブホテルは一回でも十分、不貞は認められるから!」は間違いないにしても、

今後、どうしたいのか、目的はどこにあるのか!?

それによって、証拠があとどれだけ必要か そう捉えたほうがよいかもしれません。


しかし、一般的にそんなにとれる相手でもないし、不貞を認めさせて**程度くらい

慰謝料とれればいいやというお考えである方も多いでしょうから費用対効果のことも

よく計算に入れておいてください。


●夫が相手の部屋に出入りしているようだが、探偵が1回の外泊の証拠を撮った。

他に妻自身、夫と浮気相手の証拠はもっていた事例で、

裁判所が不貞を認めて、夫と浮気相手をやっつけられたケース
があります。

離婚裁判で夫は不貞を認めた!事例にて紹介しております。

この事例のポイントは、たった1回の浮気相手の部屋への外泊だけでしたが、

妻がもつ証拠も良かったため、ふたつの証拠が合算し大きなパワーを発揮したのです。

探偵の証拠だけでも、妻が持つ証拠だけでだったら難しかったのです・・・。

妻は夫と浮気相手のやりとりのメールを見ることができたのです。

その内容はすばらしいもの(変な表現で失礼!)でした。

二人で旅行に行くような具体的な内容が書かれたやりとり。

時おり添付写真があり二人が写っている写真など。

全てをプリントアップして証拠資料としました。

で、弁護士の先生に促され「夫が浮気相手の部屋に行きそうな夜を推測し

一回で良いから、証拠を撮っておきなさい」と。

で、探偵さんらは、夫と浮気相手との外泊から翌日のデートの一部までの

証拠撮りに成功し、提出したのでした。たった1回、一晩です。


なかなかご自身で材料となる証拠をもつ方は少ないでしょう。

しかし、メールの内容に関する証拠は、きちんと写真にとったり、他の機器に

転送保存しておくことで、不貞を立証させていくための戦力になります。

ただ、メールだけとか、二人で旅行に行ったことを立証できる紙面だけでは

だめです。


●夫は浮気相手のアパートに頻繁に出入りしたり、外泊している。

夫が不倫を認めてしまったからこそ、不貞行為と判決がくだったケース


ラブホテルに行ってくれれば一回で不貞行為ってなるのに、まったく行かない、

行くのは浮気相手の部屋だけ・・・そんな浮気調査の結果って多いです。

もちろんこういうケースでは、複数回の出入りの証拠を捉えることが必須であり、

先ほどの事例みたいに1回の外泊だけでは

裁判所はまず不貞行為までは認めませんし、夫だって反論の余地は多々あるでしょう。


じゃあ3回4回と複数回撮れればいいの?

2週間の中で4~5日も行っていることを立証すればいいの?

と聞こえてきます。

これはです、弁護士の先生も言うのですが、ほんと裁判官によって判決の違いは

あるそうですが、不貞の行為があったとまでは認められないのではという見解です。

妻が他に有利となる証拠をもたず探偵の証拠だけの想定です。

裁判で夫の不貞行為を認めさせたい事例でも紹介しております。


しかし、このような事例でも、浮気夫が自身の不倫を認めている、認めた

っていうケースもよくあります。

ここまでの証拠を探偵によってとられたらから観念したということもあるでしょう。

もちろんどんな探偵の証拠があっても裸で重なり合っている写真がない限り

認めないなんていうおめでたい夫もいますが、

自分の不倫を認めたということがフォローウインドになったのです。

やはり浮気調査によって得た証拠が働いてくれたのですが、

相手の家への出入りの証拠が不貞行為まで判決がくだるかという保証は

できかねないということです。


不貞行為を立証する証拠って裁判官によっても

見解の違いが出てくるということは弁護士の先生も言いますし、

相手に反論の余地を与えることによって、

非常に長い係争になることも多いようです。

裁判にまで持ち込まず、ある程度の線で譲歩して和解されることも

ひとつの戦略として考える方は多いようです。

*提供はMKリサーチ調査事務所|千葉・東京・茨城

暗視撮影4つの視点|探偵やり方

よく暗い場面での証拠撮影ってどうするのかということ聞かれます。

また、「ビデオカメラ暗視撮影」とか、「ハンディカム暗視望遠」とか、

はたまた「暗闇に強いカメラ」とかで検索している一般の方(探偵もいる?)も

いるようです。

しかし、ビデオカメラとかハンディカムで暗視撮影を期待してもいくら検索しても

無駄です。α7Sという一眼でけっこう暗所やれますが、それでも太刀打ちできない

現場こそ探偵が遭遇する現場です。

探偵さんはよく暗くて映せなかったという相談者の声を聞きますが、

どの程度の暗さなのか、

多少外灯のある通りとか、公園とか、

かなり暗いアパートの出入り口とか、薄暗いラブホテルとか?

普通に歩けて、まだ歩ていく先が見える暗さであれば、まだ昼みたいなものです。

けど、一般のカメラだと、かなりはっきりしない粗い画像結果となるものですから、

少しでも暗いなと踏んだなら、一般のカメラはしまうわけです。

今回紹介するのは、

暗いもなにも、真っ暗闇。月とお星様程度の明かり。

昼に行ったらなんてことないけど、夜間になると真っ暗闇。

そんなとこに行って不倫する二人はいるものです。

とくに地方の(田舎の)現場ではまれに遭遇するものです。

これって並大抵の暗さではありません。

簡単な表現をしますが、暗視カメラがあるから大丈夫っていう問題でもない。

車とか、建物とか風景とかが捉える被写体ではないんです。

オイタする不倫の二人、つまり人物なんです被写体は。

うちはうちなりのやり方で、やっている方法、4つの視点を公開します。

キーポイントは、ちゃんと働いてくれる機材です。

明るく映せるレンズ。

赤外線をちゃんとおバカな二人に浴びせられるか

あとは運、ぶっこみ精神、撮影位置も重要です。

あくまで探偵さんのとことのやり方ですので。

暗視撮影4つの視点で検索してください。

*提供はMKリサーチ調査事務所|千葉・東京・茨城

2016/11/01

裸で重なっている不貞の証拠ゲット!|車中不倫

浮気の証拠いわゆる不貞を立証する証拠の代表的なものとして

ラブホテルへの出入りの場面をとらえた写真が証拠能力の高いものとして

よく耳にすることと思います。

しかしどこまで言い逃れするのか、ラブホテルに入ってもなんもしていない

「カラオケで歌を唄っていた」とか、「相談ごとしていただけだ」と真顔で

そう放ってくる浮気夫や浮気妻が多いようです(笑)

ラブがついてるホテルの証拠でさえも、しゃあしゃあとそんな言い訳するくらいです。

浮気相手の部屋に出入りした程度の証拠写真くらいでは、

「一緒にDVD見ていた」、「相談ごとしていただけだ!」と言われ、

真っ暗な場所の車中での密会くらいの証拠写真なら、

「ただおしゃべりしていただけ」と、図太い相手にはそう切り返されのが落ちかも。

(今あげたような事実でも継続された証拠があれば大丈夫ですからご安心ください)


いったいそこまでとぼける連中、

失礼しました浮気されるご主人、奥様方は何を言いたいのか。

「裸で重なり合っている証拠でもあるのか?」と、

それくらいの証拠写真、証拠映像でなければ、絶対に不貞は認めないぞなんです。


で、撮りました!
車の中で裸で重なり合っている浮気妻と不倫相手。


とにかく最初から最後までことの一部始終です。

重なっている場面だけではございません。最初から最後までの流れもです(汗)

もっと詳しく説明が必要ですか?

やめておきます、ココログのチェックが入り圏外に飛ばされますから。

とにかく白黒画質でAVを視ているかのような流れです。

この浮気妻が、「裸で重なっている写真でもあるのか!」とまで言ったかどうか

わかりませんが、やはりこれは究極の証拠ではないでしょうか(汗)

だって顔もはっきりしているし、リアルに不貞行為しているのですから究極です。

なんて言い訳するのでしょうか・・・


ラブホテルでの出入りなんていうレベルではありませんし、ホテルにしろ、

不倫相手の部屋にしろ不貞行為を撮影することは、まず無理ですから・・・

えっ!撮ったことある?

まあ以前、家に不倫相手を招きいれて不貞行為に及んでいた映像を

依頼者のご主人の許可のうえ、隠し撮りしたことありますが、

最初は、「探偵さん、ベッドの下に隠れてくれる?」と冗談言っていたご主人。

さすがにその動画は見れないからということでしたが(汗)


探偵の浮気調査において

実際の不貞行為の証拠を撮れることなんてそうそうよくあるケースではありません。

また依頼者も、「裸で重なり合っている証拠をとってください」という方もいません(笑)

「不貞を立証できる証拠をお願い!」ということです。


もちろん、車中不倫の場合は、きっと行われているだろうから(笑)、

探偵は何とか撮ろうと必死になるのですが、無理なものは無理だったりとなり、

キスや抱き合っている証拠は意外と撮れるのですが、

裸で重なり合っている場面までは、ハードルは高いといえます。


以前、「ドアを開けてしまった探偵がいた!」と弁護士の先生から聞きましたが、

依頼者の夫から車のカギを預かっていたそうだったとか。

が、これもすごい度胸というか、無謀かもしれませんが、

どこの探偵さんだか知りませんが、たいしたお方だと私は思います。

「すごいっ!」って。


誤解がないように言いますが、探偵は盗撮魔ではありません。

お子さんをおいて家を出て行った浮気妻。そして離婚を申し立てていながらも

夜な夜な不倫相手と密会の日々。

今晩も明日も会うでしょう・・・。

もうさかりのついた猫同然です。

依頼者の夫は、「妻も男も金ないから、車しかないっしょ!」と言いきっていた。

要するに「ラブホ行く(今や安いのですが(汗))金ないから・・・」そうでした。

そうであれば、何とかいい証拠を撮ろうと気合入れるのが探偵。

やはり依頼者の夫の予想通りで、お金を使わない不倫の仕方です。

(お金ない浮気夫(妻)をお持ちの方は、どっちかの車の中で不倫していることを

想定に入れてください。結構多いですぞ!車中不倫は)


しかしです、現場で撮影している探偵さんらも、いい感じはしません。

モニターに映っている映像に、ものすごく微妙な思いこそする瞬間でもあります。

愛や情がたとえ失せていても、
自分の妻や彼女のそんな行為はつらいもの


本当に満面の笑みを浮かべながら映っている浮気妻。

もう二人の不倫脳は周りさえも見えない状況なのです。

まだまだ若い二人ですが、これは二人ともきっちりと成敗しなければ

終わらないだろうと。

*過去記事です。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »