探偵K

  • 探偵頼もうか!浮気調査必要か!とよぎったらきっと役に立つブログです。 探偵歴15年、浮気、不倫相談、調査の場数は豊富! 根っからの職人探偵が探偵選びから浮気調査の依頼の仕方まで、たまに毒舌はいて斬っていきます。 通称、千葉の探偵さん、探偵KはMKリサーチ調査事務所の代表です!
無料ブログはココログ

« 探偵つけて調査するか否かは自分で決めることです! | トップページ | フィリピン女性との浮気 »

2018/01/25

会社内(事務所内)での密室の浮気の証拠

都内の交通網の麻痺は凄いものです。

やはりちょっとした災害(大雪)に対してのもろさが現れました。

都内から千葉に戻るにも、首都高速の出入り口が凍結のため閉鎖中なわけです。

下道も大渋滞。1時間ですむところ、4時間近く要したり、、、

現場より移動のほうが長いなんてほんと信じられない日でした。

そんなに解除できないものなんだろうか。

千葉に入ったら雪なんてあまりない。都内は相当だったっていうことですね。

まだまだ都内は続行しますし、新たな事案もまた都内です。

住宅地やちょっと入った道、雪の塊で凍結しちゃって危ない箇所はけっこうあります。

探偵も徒歩尾行で転ばないように、車両で通行人に接触しないように

細心の注意は必要です。スタッドレスを過信してはなりませんよね。

でも春はもうすぐ、あと少しの我慢でしょうか。





会社内、事務所内など密室での浮気の証拠 

本日のテーマです。

探偵に相談される浮気調査のなか、

夫と不倫相手との接触つまり密会が、関係者しか入っていけない場所で

行われている!?っていう事案はあります。

思い出すだけでも、学校ってのがありました。先生同士の不倫です。

ほんとひどいものです。まあこれは憶測の域だった可能性もありますが、

けっこう遅くまで学校に残っていた二人。

体育館のマットの上で、、、なんて言ったらもはやAVもどきです。

ただ妻にばれていた、また相当に警戒していた。

かつ二人とも体育の先生だった。

誰もいない体育館で、、、なくもないでしょう(苦笑)。

しかしその後、お外で密会してれて一泊した二人でしたが。


他、会社内っていうのも数年前にあったものです。

これもやはり妻にばれちゃってから、そうしたみたい。

ばれないうちは、ラブホもたまに利用していたようですが、

ばれてからは最後まで会社に残って、、、っていうありさま。

たまたま小さな会社で自社ビルでして、もう二人しかいないという事実も

外部から証拠として判明させられたし、

出てくる時(帰る時)はいちゃいちゃしながら一緒。

まあ会社出て一緒にカギ閉めて、50メートルほどで別れるのですが。

繰り返しとることによって、材料にはなっていきます。

しかしです、

「会社内で不貞行為があったとは断定できない」っていうもの事実です。

もちろん浮気相手の部屋から出てきた場合でも、

不貞の証拠として争った場合、不貞まで認められないこともあります。

会社とか事務所とかであれば、なおさらハードルは高いはずです。

密会して過ごしていた場所がラブホテルではない限り、

また車中不倫みたいにリアルに不貞行為の映像を撮れていない限り、

「不貞行為はしていない」と主張されれば、それまでです。


ここ最近もありましたが、夫と従業員との不倫。

不貞行為は関係者しか入れない場所でしか行われていない(と思われる)。

何度調査しても、仕事してきた場所の出入り口から出てきてない。

もちろん、遅くまで二人きりで中にいたことは否定できないのだけど。


このような事案であると、いくら優秀な探偵社でも難しいものです。

探偵が入っていける場所ではないからです。

だから気の長い調査になるかもですが、外で接触するか、そこを待つ

そういう作戦にするか、

依頼人ならその場所に入れるかどうか。

探偵が指南したばれない(ばれにくいって言ったほうが現実的ですが)、

方法でリアルに行為を捉える荒業を駆使するかです。

ただばれた場合の対処、そして依頼人が対象者にばれないように入れるか

そのハードルも高いものでしょう。


たしかに絶対にばれたくないお方たちにとっては、本日あげた場所などでしか

不倫行動しないは安全策ではあります。

ほんとしたたかで巧妙な悪質極まりない不倫ものどうしです。

か、おバカさんなのか、どちらかでしょう。


探偵も不貞の証拠がとれる状況と無理な場合があることは認識してください。

絶対にそんな場所でしか密会しないのか、不貞行為に及ばないのか

確かにそんな二人になってしまったケースもなくもないですが、

相談者の考えすぎっていうこともありますから、もう少し長い目で

見ていくことも必要です。


*提供はMKリサーチ調査事務所|千葉・東京・茨城

« 探偵つけて調査するか否かは自分で決めることです! | トップページ | フィリピン女性との浮気 »