探偵K

  • 探偵頼もうか!浮気調査必要か!とよぎったらきっと役に立つブログです。 探偵歴15年、浮気、不倫相談、調査の場数は豊富! 根っからの職人探偵が探偵選びから浮気調査の依頼の仕方まで、たまに毒舌はいて斬っていきます。 通称、千葉の探偵さん、探偵KはMKリサーチ調査事務所の代表です!
無料ブログはココログ

« 探偵事務所設立!? | トップページ | 浮気の兆候の常套文句 »

2018/01/18

不貞の証拠がとれない、とられにくい密会

探偵さんはかなり確信していることがあります。

不倫されているほうは、この不倫問題という痛い問題に対して、ネットをさ迷い、

情報収集に励む方が多いものです。

まさに不倫に悩む方のブログやツイッター、気になる検索ワードでヒットして

目に止まったブログやサイトなど読み漁ったり、閲覧されています。

探偵、弁護士、またカウンセラーなど相談しようかと考えている方は、そっち方面も

ネットであっちこっち、あれやこれやけっこう見ているでしょう。

さて、一方のやらかしている二人のほうはどうでしょうか。

男である浮気夫とか不倫の彼のほう。やっこさんたちの頭はほんとお祭りです。

ホテル、飲食店、デートスポットとか、不倫行動するために関係することばかり。

そっちの情報収集ばかりがほぼほぼです。おめでたいんです。

されてる方が警戒するほど、探偵事務所とか浮気調査?なんて類には

いっていないのが現状です。

もちろん何かされた感がある、もしかして妻(夫)が探偵つけているかも!?と

そっちに思考がいっちゃっている方は見なくもないですが、

はっきり言いますが、ほんのごく一部です。

とにかくスマホ、パソコンで見ているのって、どうでもいい動画か、女とどっか行く

ところのチェックでしょうね。

じゃあ不倫相手の女は?

そっちもまあポジティブなのは変わりませんが、探偵、調査、弁護士、

カウアンセラー系はないでしょう。

あるとしたら、同じ穴のムジナである不倫して悩んでいる人の記事でしょうか。

共感したりして夜な夜な感傷に浸っているわけです。

長々言いましたが、そんな意味で、まずこんな探偵さんのブログとかサイトには

行きついてないはずで、それは逆の立場の方か、同業さん(苦笑)か、

たまたま紛れ込んで見ちゃった方だけ。

だから、本日、こうやれば

不貞の証拠とられない、いやとられにくいのに

そんなリアルなことぶっちゃけます。

もし、1000のうち、0,01程度の事故で、浮気者たちが見ちゃった場合、

お許しを。

でも多分大丈夫、そういう頭じゃないですから、あの方々は。





ラブホ使うなら、絶対にこんなラブホだよ!

ラブホテルには個別式とビル形式があります。大きく分けてです。

細かい説明は省略します。

まずビル形式入るなんてありえない。

もうどっからでも証拠撮ってくれって言っているようなものです。

どう撮られたかは、探偵の証拠写真を後になってみれば明白です。

だから、ここは絶対に個別式。車で入ってそのまま部屋に入れるってとこです。

でもそれでいいって話じゃない。

むしろ、211号室とか、桜の部屋とか、ここに入っていますよってばればれです。

部屋が明確にわかってしまいました。

車のナンバー隠しても無駄。ほんと意味ないですって。


だから、チェックするポイントがありまして、

カーポートに車を入れたなら、プライバシーカーテン装備されてて閉められること。

そのカーテンも、風が吹いたらひらりひらりじゃない、

隙間あって役目してねえじゃんっていうちんけなカーテンじゃない、

端の端まで、地面までびしっと閉まっているかです。

けっこう緩いカーテンのところもありますから。


「わかった、個別式でプライバシーカーテン付きね」って聞こえてきましたが、

これでも完璧じゃありません。

部屋に入る扉はどこにあったのでしょうか?

カーテンが閉まっているカーポートから出てきたすぐ横?

ちっともカーテンで車隠した意味がない。

二人の姿はばればれです(苦笑)。

答えは、カーポートの奥の方。そこに扉があり、出入りは見えません。

もちろん真正面に立たれれば見えますが(苦笑)、まずありえないことです。

「わかった、これで完璧だね」って?

まだまだです。

入った部屋の前方、向かい側はなに?

壁が続いているであれば〇。

向かい側にも部屋が並んでいる(棟がある)はNGです。

そんなもの真正面、斜め向かいの部屋に入っている客は、

リアルな客じゃないかも。そういうことです。


まあ、この程度のラブホ入れば、けっこう安全なはずですが、

やはりとどめは、別々に入っていくことですね。

ラブホの敷地内に入る時も、出ていくときもです。

これはシティホテルでは実践されちゃう愚行なんですが、

ラブホで実践する人はごく少ないものです。

探偵さんから言わせれば、「ラブホでそこまでするほど警戒しているのか?」

っていうレベルになります。

まあ一人で入っていって、実はデリヘル呼んでいたなんてこともありますが。

そしてそんなラブホテルを出たすぐの道状況も相当に悪いとこであればなおいい。


探偵もそんなホテルには入られたくないとの思いは絶対で、

千葉でも所々、やりにくいホテルがありますから、困ったものです。

くれぐれもカーテン開けて見歩くなんてことしないように(苦笑)


*提供はMKリサーチ調査事務所|千葉・東京・茨城

« 探偵事務所設立!? | トップページ | 浮気の兆候の常套文句 »