探偵K

  • 探偵頼もうか!浮気調査必要か!とよぎったらきっと役に立つブログです。 探偵歴15年、浮気、不倫相談、調査の場数は豊富! 根っからの職人探偵が探偵選びから浮気調査の依頼の仕方まで、たまに毒舌はいて斬っていきます。 通称、千葉の探偵さん、探偵KはMKリサーチ調査事務所の代表です!
無料ブログはココログ

« 浮気しているほうが罪悪感を感じていない理不尽なこと | トップページ | 別れる終わるかも?っていうケンカするほど不倫は続く »

2018/01/11

女と切れない浮気夫たち|離婚もできない夫たち

まだまだ気温は落ちていきますが、例年12月なんて温かいものです。

冬の厳しさはやはりこれからで、1月中旬~2月いっぱいは過酷です(寒)

むしろ3月前半(中旬)までは続くもの。そこを通り過ぎるまでは我慢です。

7~9月の激暑が嫌な探偵もいるでしょうが、これから2か月間もまた辛抱。

そんななか、まだまだ成敗しなければならない二人はどんどん出てきます。





女と切れない、離婚もできない浮気夫たち 

本日のテーマです。

やはりこんな浮気夫が一番多いものです。

まず一番典型的な例をあげますと、

妻に気づかれていない状況、多少疑われている状況でも、

核心まで知られていないだろうからと、すっとぼけている夫たち。


ただ、やっこさんたちの頭の中には、そこまでやったらやばい。

浮気していながらも、そういう頭は少しばかりあるから、

ず~っと音信不通ってことはいたしません。

帰ってくるときはちゃんと帰ってくるし、休日は家族にべったりとか、

不審な外出はしない夫となるわけです。

まあ女も既婚でw不倫であれば、お互いの環境の一致で、休日は出れない

会えない事情もあり、おとなしいわけです。

とにかくやっこさんたちの理想からすれば、こんな状態が一番の理想です。

妻には突っつかれない、女ともマイペースに密会できる。

妻にばれていない状態であることは、

不倫を継続していくうえでの最低条件だから。


しかし、相手にもよりますが、妻にばれていなくても、

どこの不倫女さんも今のままでいいってことはありません。

不倫であることは女はやはり確信しています。

となると、奥さんあり彼に段々と不満をぶつけるのは当然。

とくに、妻とは破たんしているとか、離婚したいとか言っていた浮気夫であれば、

女もそういうことは特にインプットされていますから、

いずれ離婚するんだろうとか期待はしております。

でも多くの浮気夫たちは、なかなか実行致しません。

女が捉えている不倫の彼の離婚

夫が捉えている妻との離婚

ぜんぜん違うレベル、次元の差がありありなのが実情です。

女からすれば、なんでぱぱっと離婚できないのよ、しないのよっていうくらい

世間知らずの不倫女さんも多いですから、

けっこうもめる二人はもめたりもしているはず。関係が長くなればなるほどね。

あっちの二人の世界では、ほんと意味のないケンカもけっこうあるものです。


離婚すると聞いている女

それに対して、妻に離婚を言ったことはあるけど、ちょっと言った程度で

引っ込めている状態。

で、妻にはばれていないと思っているから(本当はばれているのですけど)、

自分一人で家庭と女との間をふらふらしている状態は続くものです。

もはや浮気夫自身では白黒はっきりできない次元なわけです。


探偵さんも多くの事例に携わってきてますが、

いいとこどりで両方温存できると思っている浮気夫たちは減りません。

ちょっとやそっとの出来事じゃあ別れません。

やはりいずれ妻が終わらせないと、何も変わらない部類のお方たちなのです。

離婚を言ってきていない、または強く言ってきていない

そして女と切ることもできない。

そんな浮気夫たちです。


*提供はMKリサーチ調査事務所|千葉・東京・茨城

« 浮気しているほうが罪悪感を感じていない理不尽なこと | トップページ | 別れる終わるかも?っていうケンカするほど不倫は続く »