探偵K

  • 探偵頼もうか!浮気調査必要か!とよぎったらきっと役に立つブログです。 探偵歴15年、浮気、不倫相談、調査の場数は豊富! 根っからの職人探偵が探偵選びから浮気調査の依頼の仕方まで、たまに毒舌はいて斬っていきます。 通称、千葉の探偵さん、探偵KはMKリサーチ調査事務所の代表です!
無料ブログはココログ

« 2018年1月 | トップページ

2018年2月

2018/02/18

調査力のある探偵社です!?

浮気調査を依頼したい探偵社を探されている場合、

料金費用のこともですが、「調査力のある探偵社かどうか」も非常に気になるところです。

どうしようもない調査結果を出されたら困ってしまうのは当然ですよね。

この探偵業界で長く活動してきて、同業他社の噂とか事実を知ってきますと、

ほんといろいろな探偵さん、探偵社が存在するものだと感じてなりません。

黒の行動をしていたにもかかわらず、シロかグレーの結果を出してくる。

これは最悪ですし、事実を偽った結果報告ですから相当に悪徳です。

また同じ黒の行動であっても、A社とB社では提出してくる調査報告書の内容も

違うものです。

いい仕事をしているか、それなりかっていうことです。

ですから依頼人は高レベルな調査報告書を受け取りたいわけですから

やはり依頼する探偵さんのとこの調査力、技術力は気になるのは当然です。

しかし、「当社は調査力のある探偵社です!」のうたい文句に目が止まる。

サイトを見れば、ほとんどの探偵・興信所が、うちは調査力も技術力もあります!

と、うたっているのも現実です。

さて困った、、、どこもかしこも、調査力はあるみたい。

見極める方法ってないのか。

「調査力のあるなしをどうやって見極めますか?」

本日のテーマです。





まず明確に言えることです。

サイトに記載されている文面だけでの判断は意味がありません。

つまりどこの探偵社もそう書かれているからです。

大手であっても地方の一探偵事務所であっても、皆そう発信しております。


「調査報告書サンプルを見ればどうか?」と聞こえてきました。

う~ん、それも当てになりません。

言い過ぎですが、もちろん見せてもらう価値はあります。

事務所に準備しているのが普通です。「見せてください」ですぐに見れるのが普通です。

そういうサンプルがない、見せられないは、相当に意識が足りません。

「その探偵社さん、大丈夫か?」とすら思えます。ほんとそう捉えてください。

あるなら見せてもらいましょう、ないなら「パスですね」という判断でもかまいません。


でもサンプルが立派でも調査力が抜群かは断定できません。

自作自演の場合もあるし、いいとこどりして見せるものだからです。

ですから、「調査力、技術力がある探偵か」という

相談者にとってつかみどころがないことをどう見極めるかは難しいのが事実。

「あります!」って相談員とか探偵は言うに決まっているんですから(苦笑)

だからMKリサーチは、以下のことで相談者に判断していただくようにしております。


〇MKリサーチは下請けに現場を委託しないっていうことを明確にしています。

すべての現場はうちのスタッフで実地する。

かつ浮気調査の場数経験豊富なスタッフでやる。

必要であれば誰が実地するか明らかにもします!


〇暗いところもOK、望遠もOKです!言うだけじゃないです。

撮影力を誇示する社がほとんどです。つまり調査力に入りますから。

ならばもっと具体的に開示しております。

具体的に機材をオープンにする、またそれで撮ったらどういう感じの証拠写真になる?

そのように言葉文字だけでなく具体的に!オープンにです。

そうしてやっと理解していただくようにします。


〇もちろん実際の調査での証拠写真はお見せします。

それはサンプルという次元ではありません。実際に行ったもの、過去の依頼人に

許可をいただきお見せする内容です。

この業界、注意しませんと自作自演のサンプルを見せられます。


〇ちょっと玄人的な内容にもなりますが、相談時に具体的に調査の方法、やり方を

説明します。

これって意外とされない、してこない面談って多いと耳にします。

ただの営業相談員であればしない、できないでしょう。

そういうことです。

また相談者も「そんなのプロに任せるのであまり突っ込まないです」になりがちです。

調査力のある探偵を誇示するのであれば、面談時に詳しく説明するのが筋です。


いかがでしょうか。

いくつかあげましたが、これをすべてクリアーしている探偵社も少ないはずです。

とにかく、サイトの文字だけで鵜呑みにするのはNGです。


MKリサーチは、千葉、茨城、東京と浮気調査を主に請け負っております。

3月に向けて真実を掴むことを検討中の方、ご相談ください!


*提供はMKリサーチ探偵事務所|千葉

2018/02/07

つかみどころがない(行動が読めない)浮気夫(妻)の調査を依頼する場合

探偵・興信所の選び方に苦労されている方も多いかと思いますが、

ネットで上から順番にとか、サイトをぱっと見で判断して電話する。

それも何社も電話するっていう行動は、場合によっては「よりわからなくなりました」

スパイラルに陥る可能性もありますので注意が必要です。

電話して相談したら、あっちにこう言われました、そっちにこう言われましたとなりがちで、

失敗しない探偵・興信所選びをされた方は、目のつけどころがやや違います。

あっちこっち問い合わせするよりも、事前にここをおさえておきましょう

また、探偵つけるにしても、*日の*時からお願いします!とヤマをはれる方ではない

行動が読めない読みにくいけど、不貞行為を立証させ、慰謝料もとれる

ちゃんとした証拠を得たい場合を想定します。





ターゲットの行動が読めない場合、そして複数回の証拠を得なければならない場合、

ある程度の調査日数は必要となります。

要する時間数、日数が費用に直接影響が出てくる要因ですから、

効率よく密会しているときはそこを逃さず、浮気行動していないときはスルーする

そんな絵に描いたような調査ができれば理想的です。

となると、「できれば調査する日時とか期間、またやり方は探偵さんに任せたい」

そう考える相談者も多いでしょう。

調査のプロだし、経験もあるでしょうから期待したいわけです。


〇探偵社のほうから、「ある程度任せて欲しい」と言ってきた。

これは正解だと思います。

相談を聞いて分析して、この事案は依頼人が明確に指示できない事案だなと

読むわけです。もちろん依頼人の情報とか推測はお聞きしますし、

有力な情報もあります。

けど、ある程度の長い期間になる場合もありますが、

探偵に任せた方がいい場合もけっこうあります。


ただ、それにはいくつか条件がありますのでご注意ください。

これだけ当初の段階で行動が読めないターゲットです。

証拠収集をしていくにあたって、現場の空振り、無駄も発生することもあります。

会社概要をよく見て、できれば身近な場所に位置する探偵社さんを優先するべきです。

事務所が身近、もっと確認するなら、調査員が身近にいるってことです。

これは我々探偵としても、近隣の現場であるほど臨機応変な対応がしやすいからです。

無駄があっても無駄とは感じなく調査を続行している場合も多々あります。

それはそうです、片道2~3時間かけて到着した現場より、30分~1時間で到着する現場

どちらが臨機応変な対応がしやすいかは自ずと答えがでますよね。

しかし実際、どこで選んだか知りませんが、遠くの探偵社に依頼してしまった。

だから遠方から時間かけて調査員がやって来る、、、

空振りばかり。でもしっかり費用はカウントされている。融通がきかない。

なんてことが起きるわけです。

探偵さんは常日頃言っておりますが、遠方かな?とわかってても相談したい探偵社

それは自身の身近にいいなと感じる探偵社がない。

またちょっと遠くてもそこに頼みたい何かがある(苦笑)っていうこだわりです。

そこがはっきりわかっているのであればよいでしょう。

ただ遠方であれば、任せるって言ってもどういうイメージで調査をするのか

確認することは必要です。

でも優良な探偵社の相談員であれば、任せてもらうなか、きちんとした調査方法の

説明もするはずです。


〇やはり総額費用を占うのは1時間単価です。

相談する探偵社がいくらなのか

1時間あたり、それも調査員2名なのか1名なのか、他に車両とかの使用料まで

請求している探偵なのか、交通費とか諸々は?

細かく請求する様子、割高に設定していると、総額で高い料金になるものです。

1時間あたり調査員2名で、13000~18000円あたりが

良心的相場だと捉えておけば高額が激安かはわかるものです。

数字的にはこの料金の幅でよいのではと探偵さんは確信しておりますし、

不透明と感じたら、1時間いくらでやっている?も聞きましょう。

あとはあまり細かい経費の請求をしてこないところを選ぶべきです。


〇依頼したところの調査員が調査してくれるか?

ある程度の期間を任せる場合の調査ならより重要なことではないでしょうか。

はっきり確認してかまいません。

探偵社のほうも隠して調査を請け負うことは探偵業法違反ですので、

嘘はつかないかと、、、。


以上だけでも確認していくと、そうそうどこに相談したらよいか迷い過ぎることよりも

なかなか一致するところははないわってなるかもしれません。

そうです、ネットで星の数ほど出てくる探偵・興信所ですが、

実際は迷うほどありませんよ。

よく吟味して焦らず、慌てず、そして余計な先入観は捨てて選んでください。


*提供はMKリサーチ調査事務所|千葉・東京・茨城

2018/02/04

不倫がばれても自白してもその謝罪、言うほど悪いと思っていない

探偵の証拠撮影ですが、怪しまれないよう、ばれないように遠くから

そっと隠れて遠慮気味に撮っているのかというとそうとも限りません。

時と場合によっては、勝負をかける場面もけっこうあります。

例えば、ホテルにしろ不倫相手の家(アパート、マンションなど)にしろ、

出てくる決定的な場面を捉えるのに、そんなに近づかなくてもあっちからでも

ちゃんと撮れるのではないですか?っていうシーン。

いやいやもっと緊迫した様子、もっとはっきりくっきりわかりやすく撮りたいがため

真ん前にで~んと構えるってこともあります。

その手法も様々ですが、やはり撮影っていうものは、近ければ近いほど

グッドなショットが撮れることは否めません。

もちろん場合によっては、ターゲットに「!?」っていう意識を感じさせることもある。

でも「撮っちゃえ!」っていうことです。

とくに終盤になると探偵もそういう意気込みは出てくるものですが、、、

現場の空気を読んで、さじ加減も考えて、、、実践してください(苦笑)





その言葉、謝罪になんてなっていない。

というか、した人の謝罪なんて真に受けないことです。


これが本日のテーマです。

著名人の不倫騒動が世間を騒がせています。

ここ最近、いや昔から多いですよね。

そしてばれた後、もしくは自身で自白した後、著名人らしくかっこいい言葉を発します。

そうです、ただの後づけのフレーズ。探偵さんはそう感じてなりません。

心底、思ってるのか?ってすら思います。

その謝罪、言うほどそこまで思ってない。

それは今もなお、その不倫の関係に終止符が打たれていないからです。

関係が続いているうちは、自身の保身、相手のほうもうまく乗り切ってほしい思いは

優先し、迷惑をかけたくないっていう空気を出してきます。

なにを今さら、、、じゃありませんか。


浅はかなことだったなんて、じゅうじゅうわかっていること。

自分の浅はかな優しさで不倫の彼女を傷つけることはできない、つまり

毅然と、きっぱり彼女を断ち切ることができなかった己の弱さ!?


だからこそこそ不倫してきたわけだし、ただ癒し、刺激を求めていたから

ず~っと続けてきた、切るに切れなかっただけのことです。

そこはあっちの不倫相手の女性の感覚とはちょっと違うところでもあるけど、

だいたい妻子持ちの男の頭の中なんてそんなのが多いわけです。

自分にとって都合いい女性だった。

なのに、「浅はかな優しさから、、、」なんて聞くと、ぷっと吹き出してしまう戯言だと。





さらに、びっくりしたのが、「人間としてのケジメ」っていう言葉。

さんざんこそこそ、不倫と確信しながらも貫いてきた行動じゃん。

このタイミングで、ケジメもくそもない。

もう遅いわけです。

言うならばもっと違う言葉、人間としてのケジメはいただけないですって。

ましてまだ終止符が打たれていない。

いくら自白しても謝っても、言うほど悪いと思っていないのでは。

本当の意味での謝罪の念なんて、まだ続いている状態ではわからないんだって。

もしこの不倫にケジメが打たれ、完全に終わったとして、

その後、時間の経過とともに、ひしひしと感じてきたならば、

それが本物の謝罪の念なんだろうと思います。


ですから続いているうちは、ここを乗り切ってなんとかしたい。

かっこいい言葉を選びに選んで己と相手の保身のために出してきた

フレーズだと探偵さんは感じてなりません。


人間としてのケジメを言うのであれば、

不倫関係の彼とはきっぱり別れ、また不倫相手もずるずるせず、きちんと配偶者や

家族と真正面向いて話し、離婚になるのか、どうなるのかわかりませんが、

今、この状態で、「もともと夫婦は破たんしていたから、、、」などと

どこの浮気夫も言うフレーズばっか発していなくて、きちんとケジメをつけろってことです。

ケジメを言ってるのなら、そっちに向かえってことでしょうね。

で、きちんと夫婦のほうを解決してから、どうこうする。

そういうことです。

この期に及んで、したほうがなぜか主導権を握っている?ような発言、態度は

ほんと理解できません。


*提供はMKリサーチ調査事務所|千葉・東京・茨城

« 2018年1月 | トップページ